2017年9月19日 (火)

『あまねき調べ』上映と監督トーク

10月5日~12日に開催される「山形国際ドキュメンタリー映画祭2017」のポストイベントとして、アジア千波万波の正式出品作品『あまねき調べ』の上映と監督トークを開催しますので、お誘い合わせのうえお越しください。

『あまねき調べ』上映&監督トーク

● 日時:10月12日(木)18:30~
● 会場:鶴岡まちなかキネマ(山形県鶴岡市山王町13-36 )
● 内容:アジア千波万波正式出品作品『あまねき調べ』の上映と、アヌシュカ・ミーナークシ、 イーシュワル・シュリクマール両監督によるトーク
● 料金:一般 1000円 / 大学生 500円 / 高校生以下 無料
● 主催:庄内ドキュメンタリー映画友の会 / 認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
● お問合せ先:庄内ドキュメンタリー映画友の会

◆『あまねき調べ』あらすじ

インドのミャンマー国境近く、ナガランド州フェク地区にある約5,000人が暮らす農村。急斜面には棚田が広がり、自給自足の協同作業を支えるコール&レスポンスのワークソングが響きわたる。一方で、穏やかな人々の表情の奥には、独立紛争での戦闘や略奪、拷問によって多くの人が亡くなり、家や農地が破壊された苦い記憶が残る。田畑も、恋も、友情も、喪失も、皆が歌とともにある。歌は村を包み込み、受け継がれていく。

◆ 監督 プロフィール( アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール)

アヌシュカ・ミーナークシは映像作家、地域のビデオ教室の指導者。劇場の音響デザインも手がける。イーシュワル・シュリクマールは俳優、劇場の照明、音響デザイナー。両者ともパフォーマンス集団「パーチ」に所属している。2011年に始めた活動が「U-ra-mi-li(我が民族の歌)プロジェクト」として結実。音、映画、パフォーマンスを通して、日々の生活に存在するリズムと音楽を探究する活動であり、音楽と労働の関係に特別な関心を寄せている。創造の過程を共有することを主眼にプロジェクトを進め、学校、コミュニティ・スペース、個人の自宅、さらにより公的な場所などを訪問している。このプロジェクトは、Pad.me(公的アクセス・デジタル・メディア・アーカイブ)からフェローシップを授与されるとともに、「民族音楽のためのアーカイブと研究センター」「ジ・アザー・メディア」、デンマーク国立博物館、ムンバイの国立舞台芸術センターとのコラボレーションで作品を創っている。

◆ 監督のことば

2011年に初めて訪れたとき、フェクは収穫の季節を迎え、村人のほとんどは畑に出ていた。私たちの印象に残ったのは、村人たちが疲労や単調さ、それに極度に過酷な労働を、リズムや音楽という共通体験に変えていたことだった。なぜ人は、働きながら歌うのだろうか。なぜ世界中のコミュニティで、人びとは音楽の力を使って日々の経験を変換するのだろうか(この問いは、故郷マドラスで私たちが体験した、集団としての活動とも関係している)。この種の問いに、満足する応えは見つからない。長い時間をかけたフェクでの撮影を通して、私たちもだんだんとわかってきた。これらへの問いへの答えは、理解するのではなく、経験すべきではないだろうか。そしてそれが、私たちのめざしたことでもある。

◎ チラシ →  「amaneki.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

『縄文号とパクール号の航海』上映会

 現在、鶴岡アートフォーラムで開催中の特別展覧会「東北画は可能か? 『地方之国構想博物館』/三瀬夏之介個展『日本の絵』」の関連企画で、8月5日に関野吉晴さん是恒さくらさん(展覧会出品者)の講演会「山形とアマゾン:民族・文化・場所の違いを超える視点」が開催されます。

 せっかく関野吉晴さんが庄内にいらっしゃるので、このイベントに便乗して、関野さんが企画・出演しているドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』(監督:水本博之)を急きょ上映することにしました。
 太古の人類がインドネシアから海を渡って日本に来た道を辿るため、砂鉄を集めて鉄器を作り、その道具で樹を伐って舟を造る。そうして作った小さな舟で、エンジンを使わず島影と星だけを頼りに、インドネシアから日本までの4700キロを足かけ3年かけ、インドネシア人の漁師と日本人の若者が旅した驚くべき航海の記録です。
 なお、上映前に関野吉晴さんによる舞台挨拶を予定しています。上映は1回だけとなりますので、この機会にぜひ会場まで足をお運びください。
■ 『縄文号とパクール号の航海』上映会
日時:2017年8月5日(土) 19:00〜(開場18:45)
会場:鶴岡アートフォーラム 交流広場 (鶴岡市馬場町13-3)
料金:一般 1,000円 / 高校生以下 500円 (当日料金のみ)
主催:庄内ドキュメンタリー映画友の会 / 東北芸術工科大学
協力:鶴岡アートフォーラム / 水本博之(監督)/ 是恒さくら(展覧会出品者)
※ 特別展覧会の関連企画
講演会「山形とアマゾン:民族・文化・場所の違いを超える視点」(関野吉晴 × 是恒さくら)
日時:2017年8月5日(土) 14:00〜16:00
会場:鶴岡アートフォーラム アトリエ
入場無料・申込不要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スペイン de ナイト 『ジプシー・フラメンコ』上映